ブリヂストン、ウレタンフォーム子会社を解散

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストンは、シンガポールの子会社ブリヂストン・アームストロング・PTEを2月末で解散すると発表した。

ブリヂストン・アームストロングはシンガポールで、ウレタンフォームの販売事業を行ってきたが、同社の経営環境の変化に伴い、グループ経営効率化を図るため、解散することを決めた。

ブリヂストン・アームストロングは、資本金は20万シンガポールドルで、ブリヂストンが30%、ブリヂストン化成品東京が30%、アームストロング・インダストリア・コーポレーションが40%出資している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集