オークネット1月…ステップワゴン が初のトップ

自動車 ビジネス 企業動向

中古車TVオークションの大手、オークネットは、 1月のオークネットTVオークションの成約台数を集計し、タイプ別ランキングベスト10をまとめた。

国産車部門の1位は、前月5位だったホンダ『ステップワゴン』だった。2006年式の出品が多く集まり、成約率が大きく飛躍した。車種別ランキングを開始して以来初の1位獲得。2位は前月3位だったスバル『レガシィーツーリングワゴン』で、冬場に人気の車種で安定した成約率を見せた。3位はホンダ『オデッセイ』だった。

軽自動車部門の1位は前月同様スズキ『ワゴンR』。ディーラー出品が多く集まり、高年式車両を中心に安定した人気を見せた。2位は、毎回60%以上の高成約率を維持しているホンダの『ザッツ』がランクインし、前月よりも1ランクアップした。

3位には、出品・成約台数共に安定しているホンダ『ライフ』だった。7位のスズキ『エブリィワゴン』と9位のダイハツ『ムーヴラテ』は、それぞれ前月の2倍近い成約率となり、10ポイント以上ランクを上げた。

輸入車部門の1位はBMW『3シリーズ』で、第2位がBMW『5シリーズ』、3位がメルセデスベンツ『Sクラス』だった。全体的に見るとメルセデスベンツよりもBMWに応札が多く集まったが、『Cクラス』『Aクラス』は、前月よりも高い成約率だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集