ファルテック4−12月期連結決算…営業黒字でも当期赤字

自動車 ビジネス 企業動向
ファルテックが発表した2006年4−12月期の連結決算は営業損益が前期の15億円の赤字から1億4200万円の黒字に転換した。

売上高は前年同期比10.8%減の576億6600万円と、2ケタの減収となった。自動車関連機器事業の売上げは伸びたものの、自動車部品及び用品セグメントで売上げが低迷したため。

収益面では、自動車用品セグメントで営業利益が悪化したものの、自動車部品事業、自動車関連機器事業の収益が改善して、営業黒字となった。

経常損益も前期の13億6800万円の赤字から2億1900万円の黒字に転換した。

ただ、当期損益は固定資産売却損2億6500万円、貸倒引当金繰入額2億3400万円、特別割増退職金2億8100万円を計上し、6億9000万円の赤字に転落した。

通期業績見通しは前回発表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集