カーメイト通期見通し…暖冬で赤字転落

自動車 ビジネス 企業動向

カーメイトは、2007年3月期連結決算の業績見通しを下方修正した。

売上高は148億6200万円を見込んでいたが、140億3700万円に下方修正した。暖冬で冬季製品の販売が不振で、特にタイヤ滑止めは全国的に降雪量が少なかった影響で大幅に需要が減少した。

収益では、売上げの下方修正に加えて、今後冬季製品の返品が予想され、損傷部分を製品評価損を計上するため、経常利益は前回発表の5億8000万円から7300万円に、当期純損益は前回の4億2000万円の黒字から7500万円の赤字に転落する見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集