パトライト4−12月期連結決算…LED回転灯など好調ながら為替変動で減益に

自動車 ビジネス 企業動向

パトライトが発表した2006年4−12月期の連結決算は、売上高が前年同期比12.5%増の87億9300万円、営業利益が同9.4%減の12億6700万円となり、増収減益となった。

主力事業のパトライト事業は、FA向け表示灯や新製品のLED回転灯、LED照明灯などの販売が寄与して売上げは好調に推移した。また、車両機器事業では、地域防犯活動向け青色回転灯の受注が好調だったほか、新型電子サイレンアンプなどの新製品が好調だった。また、海外事業も全地域で需要が旺盛なのに加え、積極的な新製品投入や販売促進活動で大幅増収となり、全体も2ケタ増収となった。

収益では、原材料価格の高騰や円安による海外仕入れコストの上昇に加え、テクノセンターの移設及び株式関連手数料の増加で営業減益となった。

経常利益は同9.8%減の12億9400万円、当期純利益は同71.0%増の18億3500万円だった。

通期業績見通しは前回公表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集