工場の稼働状況を“見える化”する 富士通マーケとパトライトが開発

自動車 ビジネス 企業動向
富士通マーケティングとパトライトは、製造現場の設備稼働状況を管理する「かんたん分析パック」を共同開発し、商品化した。

「かんたん分析パック」は積層信号灯のトップシェアを持つパトライトのワイヤレス・データ通信システム「エアグリッド」と、富士通マーケの中堅クラスの製造業向け生産管理システムで多くの納入実績を持つ「GLOVIA smart製造MESパトチャート」を組み合わせ、パッケージ化したもの。工場設備の稼働状況を簡単に“見える化”し、分析することが可能になる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • エネルギー“見える化”、複合商業施設にマルチシステム 新日石 画像 エネルギー“見える化”、複合商業施設にマルチシステム 新日石
  • JX、住宅用エネルギーモニターを発売…自家発電量や光熱費を見える化 画像 JX、住宅用エネルギーモニターを発売…自家発電量や光熱費を見える化
  • [つくば低炭素]エネルギーを見える化するシステム、伊藤忠テクノが開発 画像 [つくば低炭素]エネルギーを見える化するシステム、伊藤忠テクノが開発

特集

おすすめのニュース