古河電池の通期見通し…赤字転落へ 暖冬と鉛価格高騰で

自動車 ビジネス 企業動向

古河電池は、2007年3月期通期の連結決算業績見通しを下方修正、当期損益が赤字転落する見通しを発表した。

売上高は310億円は前回発表したままだが、経常損益は2億円の黒字を予想していたが、1億5000万円の赤字に転落する見通し。最終損益も5000万円の黒字を予想していたが、2億5000万円の赤字になる見通し。

業績見通しを下方修正したのは、鉛価格の高騰によるコストアップや暖冬による補修用バッテリーが低迷したため。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集