世界初、燃料電池の消防車…ダイムラークライスラーが納車

エコカー 燃費
世界初、燃料電池の消防車…ダイムラークライスラーが納車
  • 世界初、燃料電池の消防車…ダイムラークライスラーが納車
ダイムラークライスラーは、世界で初めての、燃料電池で駆動する消防車両を発表した。この車両は、メルセデスベンツ『Aクラス』をベースとした燃料電池乗用車「F-Cell」(エフセル)で、サクラメント・トロポリタン消防地区に納車され、今後消防指揮車両として使用される。

F-Cellの燃料電池車は、鮮やかな赤色の外観デザインに加え、サイレンなどが装備された。ウェイン州立大学警察に納車されたF-Cell警察車両に続くもので、緊急車両としては世界初の燃料電池車となる。

F-Cellの消防車両は、カリフォルニア燃料電池パートナーシップのもとBPエナジー社の水素ステーションで燃料の充填が行われる。水素燃料電池車が消防業務の中で使用されることにより、水素の輸送安全性確立のための技術開発がさらに前進すると、している。

ダイムラークライスラーでは、これまで燃料電池車の研究開発に10億ドル以上を投資してきた。この間に蓄積されたデータ、ゼロエミッションによる320万km以上におよぶ総走行距離は、いずれも世界の自動車メーカーの中で最大規模だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集