ブリヂストン、サガン鳥栖をスポンサード

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストンは、2006年シーズンに引き続き、日本サッカーリーグ2部リーグに所属する「サガン鳥栖」チームの2007年シーズン(2007シーズンのJリーグ・ディビジョン2、全48試合および第87回天皇杯公式戦)のユニフォームスポンサー(背面部)を務めると発表した。

サガン鳥栖の本拠地である佐賀県鳥栖市は、同社発祥の地である久留米市に隣接しており、同社は佐賀県および筑後地方に工場および販売拠点を持ち、同地域との関わりが深いことなどから、2006年シーズンからサガン鳥栖チームのユニフォームスポンサーを務めている。

さらに、昨年11月には鳥栖スタジアムで同社が冠スポンサーとなった「ブリヂストンデー」が開催され、1万8000人を超える来場者数でチーム創立以来の最高記録を更新するなど地域とのつながりを深めている。

また、今年から新たに同ユースチームのユニフォームスポンサー(胸部)(2007年3月から2008年1月まで)と「サガン鳥栖サッカースクール」のスポンサー(2007年2月から2008年1月まで)も務める。

同社は、同チームへのスポンサーシップを通じて、地域の人々との交流を深めていく方針。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集