プラントロニクス、デジタル信号処理を採用したヘッドセットを発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

プラントロニクス、デジタル信号処理を採用したヘッドセットを発売
  • プラントロニクス、デジタル信号処理を採用したヘッドセットを発売
  • プラントロニクス、デジタル信号処理を採用したヘッドセットを発売
  • プラントロニクス、デジタル信号処理を採用したヘッドセットを発売
  • プラントロニクス、デジタル信号処理を採用したヘッドセットを発売
日本プラントロニクスはBluetooth(ブルートゥース)対応ヘッドセット『Discovery 655』(ディスカバリー655)Bluetoothワイヤレスヘッドセット」を発売した。

Plantronics Discovery 655 Bluetooth ヘッドセットは、 デジタル信号処理(DSP)採用により、ノイズレベルを最小限に抑えつつ音質を向上し、クリアーな音声通話が可能である。Bluetoothはバージョン2.0を採用。

重量は9gで快適に装着でき、左右どちらの耳にもフィットする。3サイズのソフトジェルイヤーチップも付属する。本体に内蔵されるリチウムイオンバッテリーにはACアダプター、USBケーブル、単4型乾電池充電ポケットで充電できる。本体の最大通話時間は3.5時間。

単4型乾電池充電ポケットと組み合わせて使用すれば最大で約10時間の連続通話も可能。また、この充電ポケットには、着信バイブレータインジケータも搭載されている。

価格:オープン(店頭予想価格1万7800円)
《》

編集部おすすめのニュース

特集