静甲、通期業績見通しを下方修正 スバル悪化をカバーできず

自動車 ビジネス 企業動向

静甲は、2007年3月期連結決算の業績見通しを下方修正した。

連結子会社の静岡スバルの業績悪化を、他の連結子会社でカバーする見通しとしていたものの、産業機械事業で期末までに予定していた売上げを確保するのは困難と判断、業績見通しを下方修正した。

売上高は265億円を予想していたが、19億円マイナスの246億円に下方修正した。経常利益も6億2000万円から5億1000万円に、当期純利益を2億4000万円から2億円にそれぞれ下方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集