ブランディに過失致死罪

自動車 社会 社会

米の人気シンガー/女優のブランディが、昨年12月ロサンゼルス市内で交通事故を起こし、結果的に1人の女性が死亡した。この件について、カリフォルニアハイウェイパトロールはブランディに自動車による過失致死罪適用が妥当との見方を示した。

事故が起こったのは昨年12月30日、405号フリーウェイでのこと。前方の渋滞に気付かずスピードを落とさなかったブランディの車が前の車に追突、そのはずみで追突された車は中央分離帯を超えて反対車線にはみ出し、逆方向からの車に再度激突された。その結果、運転していた38歳の女性が死亡した。

しかし検査の結果ブランディからは薬物、アルコールなどは検出されず、最高刑でも禁固1年、罰金1000ドルの業務上過失致死罪が妥当、という結論となった。

ブランディは14歳でデビューした天才シンガーで、1999年にグラミー賞を受賞。最近は映画、テレビで女優としても活躍中。事故について「深く反省しており、被害者の家族に心からお詫びしたい」と語っているが、今後の芸能活動については未定だ。
《Sachiko Hijikata, US editor》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品