日産、国内販売低調で国内生産もダウン…12月実績

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車は、2006年12月の生産・販売・輸出実績を発表した。それによるとグローバル生産台数は、前年同月比3.2%減の23万8332台と低迷した。

国内生産は同6.9%減の9万6916台とマイナス。輸出は好調だったものの、国内販売が低迷しているため。

国内販売は同3.0%減の4万3457台となった。『スカイライン』や『セレナ』は順調だったが、その他の車種が不振だった。

輸出は同11.8%増の6万3008台で、9ヵ月ぶりにプラスとなった。北米向けが堅調だった。

海外生産は同0.6%減の14万1416台と微減だった。メキシコが同2.2%増、英国が同8.3%増、スペインが同4.8%増と順調だったが、主力の米国が同4.2%減だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集