【VW ゴルフ GT TSI 日本発表】ダウンサイジングのための過給

自動車 ニューモデル 新型車

【VW ゴルフ GT TSI  日本発表】ダウンサイジングのための過給
  • 【VW ゴルフ GT TSI  日本発表】ダウンサイジングのための過給
  • 【VW ゴルフ GT TSI  日本発表】ダウンサイジングのための過給
  • 【VW ゴルフ GT TSI  日本発表】ダウンサイジングのための過給
  • 【VW ゴルフ GT TSI  日本発表】ダウンサイジングのための過給
最高出力170ps、最大トルク24.5kgmを発生するフォルクスワーゲン『ゴルフGT TSI』の1.4リットル直噴ツインチャージャーエンジン。

そのスペックだけをみると、スバル『インプレッサ』のようなリッター140ps以上のハイスペックを見慣れた日本のユーザーにとっては、少々パワフルなだけの普通のターボエンジン程度にしか感じないかもしれない。が、実際に中身を見ると、相当のハイテクぶりである。

欧州では今日、ターボやスーパーチャージャーなどを使った過給エンジンがブームだ。かつて、ターボはハイパワー追求の代名詞のような存在だったが、今日の過給器の位置付けは昔とは異なり、エンジンをよりコンパクト化、高効率化する“ミニマイズ”のための技術として注目されているのだ。

俗に“ストイキターボ”と呼ばれる高効率過給エンジンは、欧州勢ではBMWやメルセデスベンツなど多くのメーカーが手がけている。日本メーカーではホンダやマツダがストイキターボを市販しているものの、全体的に開発は低調。

「(ターボ装着が前提である)ディーゼル乗用車の締め出しが少なからず影響した」(国産メーカーのエンジニア)との声も出るなど、かつての“ターボ大国日本”というイメージとは裏腹に実は比較的苦手な分野である。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集