何かに乗り上げた---死亡ひき逃げで女を逮捕

自動車 社会 社会

石川県警は19日、石川県川北町内の県道で17日未明に発生した死亡ひき逃げ事故の容疑者として20歳の女を逮捕した。被害者からは大型車のタイヤ痕が発見されており、今回逮捕の容疑者のクルマとは別の車両が最初にひいた可能性が高いとみられる。

石川県警・寺井署によると、問題の事故は17日の午前0時30分ごろ発生した。川北町壱ツ屋付近の県道で頭から血を流した女性が倒れているのを通行人が発見。女性は金沢市内の病院に搬送されたが、頭部を強打したことが原因で死亡した。死亡したのは現場近くに住む34歳の女性であることが後に判明している。

警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始。能美市内に在住する20歳の女が容疑に関係したものとみて任意で事情を聞いていたところ、「道路に倒れていた何かに乗り上げた。乗り上げたことを感じたが、怖くなって逃げた」と供述。ひき逃げを大筋で認めたため、道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕した。

逮捕された女は軽乗用車を運転していたが、被害者の着衣には大型車のものとみられるタイヤ痕も残されていた。「道路に倒れていた何かに乗り上げた」と女が供述していることから、被害者は最初に大型車にはねられた可能性が高いと判断。引き続きこの車両の行方を追っている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集