東洋ゴム、タイヤ販売会社10社を1社に統合

自動車 ビジネス 企業動向

東洋ゴム工業は、全国のタイヤ販売子会社10社を4月1日付けで合併すると発表した。

今回の販売会社の統合は、系列タイヤ販売会社を経営統合することで、販売体制の強化、顧客サービスの向上と事業運営の効率化を図るとともに、グループの連結経営の充実を図る。

経営統合するのは、トーヨータイヤ北海道、トーヨータイヤ東北、トーヨータイヤ北関東、トーヨータイヤ関東、トーヨータイヤ中部、トーヨータイヤ京滋北日本、トーヨータイヤ関西、トーヨータイヤ四国、トーヨータイヤ山陽、トーヨータイヤ九州。

全て東洋ゴム工業の100%出資子会社で、トーヨータイヤ関東が存続会社となり、残り9社は解散する。合併新会社は、「トーヨータイヤジャパン」に社名変更する。資本金は4億4000万円で、社長には、関東の社長だった高橋英彦氏が就任する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集