あいおい損保の格付けを引き上げ…ムーディーズ

自動車 ビジネス 企業動向

ムーディーズ・インベスターズ・サービスは18日、あいおい損害保険の保険財務格付けをA3からA1に引き上げた。

格付けの引き上げは、国内損害保険市場4位の規模を誇り、国内最大の自動車メーカーであるトヨタグループとの関係に支えられた同社の過去数年間の業績動向を考慮した結果である。

これまでの格付けには、フォートレス・リー社関連の再保険取引に係わる損失発生に伴う直接および間接的な影響をマイナス要因として織り込んでいた。しかし、同社は当該損失発生後もその影響を受けることなく営業基盤を強化して、収益性も安定してきている、とムーディーズは判断した。

また、トヨタの関連会社である同社は、トヨタグループとの強固な関係を背景にしてリスクの低い保険商品の比率が高く、トヨタの高級車の販売顧客に対して保険商品を販売する機会を多く得ることができる。同社の業績は今後も、このようなトヨタとの関係により支えられていくというわけだ。

ただ、同社の場合、自動車保険事業の業績改善はあるが、収益性は依然、格付けAaの会社と比べると低い水準にある。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集