BMWジャパン、インポーターとして初、西日本に研修施設

自動車 ビジネス 企業動向

BMWジャパンは、インポーターとして初めて西日本に正規ディーラー向け研修を行う自社施設「BMWグループアカデミー神戸」を開設、29日から稼動すると発表した。

施設では、BMW、MINI、BMWモーターサイクルのディーラーの経営陣、セールス及びアフターセールススタッフ向けの研修を行う。年間の参加人数は9000人を超える見通し。

同社の研修は従来、主に千葉県幕張の研修施設を活用していたが、西日本地域での販売強化のため、西日本地域からの利便性の高い神戸に新しい総合研修施設を設置した。

施設は、神戸空港から車で5分のロケーション。敷地面積は1500平方メートル、述べ床面積が1300平方メートル。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集