マツダ、欧州販売が15 年ぶりに30万台超…06年実績

自動車 ビジネス 企業動向

マツダの欧州統括会社、マツダモーターヨーロッパは、06年の欧州での販売が前年にくらべ13%増の30万3600台となり、91年以来、15年ぶりに30万台を超えたと発表した。

ドイツ、フランスなどほとんどの国で前年を上回り、イギリス、ロシア、スペイン、ポルトガルでは、過去最高となった。車種では『マツダ3』(日本名『アクセラ』)が前年比1.1%増の9万7772台、『マツダ6』(同『アテンザ』)が、同11.3%増の8万9940台、『マツダ5』(同『プレマシー』)が同192.9%増の4万7477台だった。ディーゼルエンジン搭載車の売れ行きが好調だった。

同社は欧州で販売拠点の直営化を進めている。06年はロシア、アイルランド、チェコ、スロバキアに直営販売統括拠点を設立した。今年は4月をめどに、ベルギー/ルクセンブルグ市場に、直営販売統括拠点を設立する。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • [PR]

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集