GSユアサ、バッテリーを値上げへ…鉛価格高騰

自動車 ビジネス 企業動向

GSユアサバッテリーは、国内補修用自動車バッテリーのメーカー出荷価格を値上げすると発表した。

電池の主原材料である鉛の価格は高騰の一途をたどり、2006年度も年初と比べて約1.6倍と、高値水準が続いている。

同社は生産性の向上やコスト削減などの施策を重ねてきたものの、企業努力だけでこれを吸収するのは困難な状況と判断、国内補修用自動車電池のメーカー出荷価格を値上げする。

値上げ率は、軽、乗用車、小型トラック用バッテリーが20%、大型トラック・バス、建設車両用バッテリーが15%、二輪車用バッテリーが15%で、2月1日から実施する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集