速度超過で路外逸脱、2人が死傷

自動車 社会 社会

7日未明、宮城県涌谷町内の町道で、走行中の乗用車が路外に逸脱。道路に隣接する湿地帯に転落する事故が起きた。クルマは湿地帯に転落してからも暴走。最終的には大破し、乗っていた2人が死傷している。

宮城県警・遠田署によると、事故が起きたのは7日の午前1時25分ごろ。涌谷町掃部沖名付近の町道を走行していた乗用車が路外に逸脱。約1m下の湿地帯に転落した。

乗用車は湿地帯に転落した後も止まらずに暴走を続けて大破。運転していた21歳の男性は車外に投げ出され、頭部強打で即死。助手席に同乗していた20歳代とみられる女性も同様に投げ出され、全身強打の重傷を負っている。2人はいずれも約8m飛ばされていたという。

現場は片側1車線の直線区間。警察では速度超過が事故の主因とみて調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集