トヨタファイナンス、レクサスのリースに年間6000kmバージョンを追加

自動車 社会 社会

トヨタファイナンスは、「レクサス・オーナーズ・リース・スタンダードプラン(クローズドエンド)」に年間走行距離6000kmのバリエーションを追加したと発表した。

レクサス・オーナーズ・リース・スタンダードプランは、年間の走行距離に応じて残存予定価格を設定し、複数のプランの中からプランを選択してもらうリースで、これまで年間走行距離別に1万2000km、1万8000km、2万4000km、走行フリー(距離上限無し)の4プランを設定していたが、顧客の要望に応じて新たに6000kmを追加した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集