東洋ゴム、ドバイ24時間レースをメインスポンサー

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

東洋ゴム工業のオランダのタイヤ販売子会社であるトーヨー・タイヤ・ベネルクスB.V.は、昨年の第1回に引続き、2007年1月11日から13日までの3日間、UAE(アラブ首長国連邦)のドバイサーキットにて開催される「トーヨー・タイヤ・ドバイ24時間耐久レース」のメインスポンサーを務める。

この24時間耐久レースの開催は、今回で2回目。欧州をはじめ、日本、オーストラリアなどから80台以上の参加者が激戦を繰り広げる国際色豊かなレースだ。

排気量2000ccクラスのツーリングカーから本格的な耐久マシン、またガソリンエンジン車両だけでなく、欧州でECOカーとして注目を浴びているディーゼルクラスも設定され、多彩な車両が出場するのも特徴。

レースに出場する一部チームは、同社のスリックタイヤ『PROXES RS1』、セミレーシングタイヤ『PROXES R888』を装着し総合優勝、クラス優勝を目指す。

同社は、レース活動のメインスポンサーを通じ、モータースポーツ界でのブランド認知度向上を図るとともに、モータースポーツの発展に寄与するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集