【スバルWRC】BFグッドリッチタイヤを採用

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
BFグッドリッチタイヤはWRC:世界ラリー選手権2007シーズンより、スバルワールドラリーチーム(SWRT)にタイヤを供給する。

07シーズンは1月19日から21日の第1戦ラリー・オートモービル・モンテカルロで開幕する。WRCのオフシーズンは非常に短いため、スバルワールドラリーチームはすでにBFグッドリッチタイヤを装着してのテストをスペインで開始した。

なお、2006年の世界ラリー選手権(WRC)では、BFグッドリッチタイヤ装着のセバスチャン・ローブがドライバーズタイトル、BPフォードWRTがマニュファクチャラーズタイトルを獲得すると共に、第1戦モンテカルロ・ラリーから第16戦ラリーGBまで、全戦でBFグッドリッチタイヤの装着チームが優勝を飾った。

SWRTマネージングディレクター、リチャード・テイラーは、BFグッドリッチでの参戦を楽しみにしている、と語る。

「これまではライバルとタイヤが違うことで我々のパフォーマンスを正確に評価することが難しかったので、同じタイヤを履いてのライバル勢との対決は間違いなく興味深いものとなるだろう」

「同時に、これまで長年に渡り成功を収めてきたピレリとのパートナーシップが終了することとなるが、1994年以来同社がチームに注いでくれた尽力に対し感謝の意を表したい。我々がこれまで『インプレッサ』でマークしてきたWRC46勝はすべてピレリタイヤを装着してのものであり、6回のWRCタイトル獲得には同社の貢献が支えとなって達成できたものである」
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集