ヤマハ、コンパクトで高推力の単軸ロボットを開発

自動車 ニューモデル 新型車

ヤマハ発動機は、社内カンパニーの「IMカンパニー」が、リニアモータを採用したコンパクトで高推力かつ可動ストロークの大きい単軸ロボット『PHASERシリーズMF20/30』の2機種を2007年1月10日から発売すると発表した。

PHASERシリーズMF20/30は、フラットタイプリニアモータを採用し、主要構成部品を独自に開発した。コントローラまでをパッケージングした、小型高剛性フレームで構成されるオールインワンの単軸ロボットだ。

単軸ロボットとして大きさ、性能、すべてに新しい価値を提供することで、多様化するユーザーニーズに対応、高性能直交ロボットの軸の構成要素として今後のロボット市場の拡大を目指す。価格はオープン価格。

PHASERシリーズMF20/30は12月6日から8日まで幕張メッセで開催される展示会「セミコン・ジャパン2006」に出展する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集