【トヨタ オーリス 発表】内装の段差や隙間をなくし滑らかに

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ オーリス 発表】内装の段差や隙間をなくし滑らかに
  • 【トヨタ オーリス 発表】内装の段差や隙間をなくし滑らかに
  • 【トヨタ オーリス 発表】内装の段差や隙間をなくし滑らかに
  • 【トヨタ オーリス 発表】内装の段差や隙間をなくし滑らかに
  • 【トヨタ オーリス 発表】内装の段差や隙間をなくし滑らかに
  • 【トヨタ オーリス 発表】内装の段差や隙間をなくし滑らかに
23日に発売されたトヨタ『オーリス』は、先進的で斬新なインテリアデザインを追求し、機能性と心地よさを兼ね備えた室内空間を創造している。

その一端として、室内部品の小さな段差や隙間を徹底的になくすなど、細やかな配慮が随所に見られる点が挙げられる。

今回、内装トリム設計を担当した、同社第2トヨタセンター第2ボデー設計部第21内装設計室担当員の佐藤治子(はるこ)さんによると、一番のこだわり設計は、オーバーヘッドコンソール部分に小物入れとパーソナルランプを配置しつつ、天井との段差をなくし、フラットに近づけたことだという。

また、普段何気なく見過ごしてしまいがちだが、スカッフプレートとBピラーガーニッシュロアの見切り段差をなくしたり、リアのデッキサイドトリムとフィニッシュプレートの隙間をなくすことにも気を配り設計した。

ドアに関しても、インサイドドアハンドルとドアグリップを一体化し、シャープなデザインになるよう設計した。インサイドドアハンドルにはロックノブを内蔵し、操作性に配慮した。ドアの閉まり音にもこだわり、操縦者が気持ちよくなるような、重厚感ある音に仕上げたという。
《》

編集部おすすめのニュース

特集