TH!NKが新デザインで復活

自動車 ニューモデル 新型車

TH!NKが新デザインで復活
  • TH!NKが新デザインで復活
元々ノルウェーで開発された小型EVで、一時アメリカでフォードグループから発売されていた『TH!NK』。結局アメリカでEVが普及しなかったことから、フォードでもコストカットの一環として生産の中止が決まった。

しかし本国ノルウェーでは、来年から再びTH!NKの販売が始まるという。デザインも新しくなり、『スマート』のような本格的なシティカーを目指す。

新しいTH!NKはボディがオールプラスチックで、その特性をいかしたモダンなデザインとなっている。モーターも大幅に改良され、以前のモデルが1回の充電あたり80km程度しか走行できなかったのに対し、新型は130km近くを走行できるという。

生産はノルウェー国内で来年から始まるが、アメリカ国内を含め販売の予定は今のところたっていない。しかしアメリカでもこのところEVの復権が注目されており、スマートの販売も始まることから、市場のひとつとして新型TH!NKに注目が集まっている。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集