三井住友海上…中間純利益は増益、通期予想は下方修正

自動車 ビジネス 企業動向

三井住友海上火災保険が22日発表した07年3月期中間連結決算は、純利益が前年同期にくらべ3.4%増の347億円となった。通期予想は、業務改善費用を積み増すことなどから、純利益の見通しを下方修正した。

同期の正味収入保険料は自賠責保険が前年同期にくらべ0.6%減の974億円となったものの、主力の自動車保険が同3%増の3018億円となるなど他の種目では増加し、全体では同3.6%増の7621億円となった。

海外子会社の業績が好調に推移したことにくわえ、前年同期の特別損失が今期はなかったことから利益が増加した。

通期業績見通しでは、期初予想の750億円から、前年同期にくらべ20%減となる575億円に下方修正した。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集