東日カーライフ、最終赤字に転落の見通し 日産車販売不振などで

自動車 ビジネス 企業動向

東京日産などの持ち株会社の東日カーライフグループは、2007年3月期連結決算の業績見通しを下方修正した。

中間決算で東京都世田谷区の店舗土地の減損として15億円を特別損失に計上したほか、日産の新車販売が低迷していることから、業績見通しを下方修正した。

通期の連結売上高は1250億円を見込んでいたが、1160億円に下方修正したほか、経常利益は8億円から2億円に修正した。当期損益は4億円の黒字を見込んでいたが、22億円の赤字に転落する見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集