【トヨタ オーリス 発表】IPAなど先進技術搭載を見送ったワケ

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ オーリス 発表】IPAなど先進技術搭載を見送ったワケ
  • 【トヨタ オーリス 発表】IPAなど先進技術搭載を見送ったワケ
  • 【トヨタ オーリス 発表】IPAなど先進技術搭載を見送ったワケ
10月23日に発売されたトヨタ『オーリス』は、リアカメラによる音声ガイダンス機能付きカラーバックガイドモニターが一部グレードでオプション設定出来るが、IPA(インテリジェント・パーキング・アシスト)の設定はない。

先日発表された新型『カローラ・アクシオ』はリアカメラ付きバックガイドモニターを標準装備し、グレードによりIPAのオプション設定も可能である。

先進技術の設定をオーリスで見送った理由について、商品開発本部第2トヨタセンター製品企画チーフエンジニアの金森善彦氏は、ターゲットとする客層の違いと、それに応じたクルマの開発思想の違いを挙げた。

具体的には、カローラには高齢の運転者が多いことから、運転者の操縦サポートを万全に行い、IPAはじめ制御面でも安全性を確保するようにした。他方、オーリスは40代が客層の中心となることを想定し、あるていど運転者の技量で危険回避が出来ると判断。またIPAを不要とする人もいると予想されたため、カローラの一連装備は、オーリスでは設定が見送られた。

その代わり、オーリスは操縦性・走行安定性を向上させている。コーナリング時のグリップ力も高く、ローリングも小さい。運転者の意のままに走れるようにし、基本性能面でドライバーをしっかりサポートしているとのこと。
《》

編集部おすすめのニュース

特集