【Fニッポン】第9戦…今季の集大成、最終決戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

全日本選手権フォーミュラ・ニッポンの2006シーズンが、11月18−19日に鈴鹿サーキットで開催される第9戦をもって、いよいよ最終戦を迎える。

10月22日にツインリンクもてぎで行われた第8戦で、ブノワ・トレルイエのドライバーズタイトルが決定した。シリーズ最終戦は、ドライバーにとって来季に向けて最大限のアピールをする場でもある。タイトルが決まった後となればなおさら、失うものは何もない。全チーム、全ドライバーが全力で勝ちにいくハイレベルな一戦になるはずだ。

新しいシャシーとエンジンでスタートした2006シーズンも、いよいよ大詰めである。低速から高速まであらゆるタイプのコーナーを備え、マシンにもエンジンにもそしてドライビングにも微妙なアジャストを要求するチャレンジングなコース、鈴鹿サーキットで、この1年をかけて熟成させてきた各チームの仕事の集大成が試される。
《》

編集部おすすめのニュース

特集