静岡スバル通期業績見通しを下方修正、期末配当も減配へ

自動車 ビジネス 企業動向

静岡スバルは、2007年3月期の連結決算業績見通しを下方修正するとともに、単独での期末配当も減配すると発表した。

上半期に主力のスバル新車販売台数が当初計画を下回ったことから、通期の売上高を前回予想よりも5億円マイナスの130億円に下方修正した。これに伴って、経常利益も2億4500万円から1億7000万円に下方修正した。当期純利益は1億3700万円から9500万円に下方修正した。

単独決算の業績も悪化しているため、期末の配当を1株当たり8円だった前期の実績から2円減配して6円とする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集