東洋ゴム、軟質ウレタンフォームを生産する合弁会社を設立

自動車 ビジネス 企業動向

東洋ゴム工業は、自動車用部品を除く軟質ウレタンフォームの分野の事業を強化するため、東洋クオリティワンと軟質ウレタンフォーム生産合弁会社「ティ・ティ・コーポレーション」を来年4月に設立することで合意したと発表した。

両社はすでに、東日本地区で軟質ウレタンフォームの生産に関して業務提携し、東洋ゴムの生産を東洋クオリティワン川越工場に統合している。今回、西日本地区でも東洋クオリティワンの西日本地区の拠点を東洋ゴム兵庫工場に統合し、新たに合弁会社を設立する。

新会社は、資本金9000万円。出資比率は東洋ゴムと東洋クオリティワンが折半出資する。

東洋ゴムでは、合弁会社の設立で、軟質ウレタンフォームの部材の仕入、生産設備の有効活用、共同物流など、調達・生産・物流の各分野で効率化を図り、成熟した市場で合理化の先取りを狙うと同時に競争力の強化を目指すと、している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集