井田いすゞ社長、日野との協業に「価値はある」

自動車 ビジネス 企業動向

井田いすゞ社長、日野との協業に「価値はある」
  • 井田いすゞ社長、日野との協業に「価値はある」
いすゞ自動車の井田義則社長は13日の中間決算発表の席上、トヨタ自動車グループの日野自動車との関係について、バスなど既存の提携のほかに「トラック分野でも協業を進めていく価値はある」と述べた。

両社は現在、バスの共同開発・生産とコンポーネンツの相互供給を行っている。井田社長は「欧米の厳しい環境規制などに対応するには技術開発の強化が必要で、提携の垣根は設けない」と語った。

一方で日野との提携拡充の案件は「今現在では何もない」とも述べた。また、日野との資本提携など踏み込んだ関係強化の可能性についても「国内やタイなどで真正面からぶつかりあって競争している。フェアな競争を続けることが双方の体質強化にもつながる。(資本提携は)そう簡単ではない」と語った。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集