トヨタ、いすゞと業務・資本提携

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ、いすゞと業務・資本提携
  • トヨタ、いすゞと業務・資本提携
トヨタ自動車といすゞ自動車は7日、トヨタのいすゞへの出資を含む提携で基本合意したと発表した。業務提携の対象はディーゼルエンジンの共同開発や環境技術で、トヨタはいすゞのディーゼル分野の開発力を活用する。

7日夜にトヨタの渡辺捷昭社長といすゞの井田義則社長が東京で会見して正式発表する。業務提携は、(1)小型系ディーゼルの開発・生産、(2)ディーゼルの排ガス対策技術の共同開発、(3)エンジン等の基礎技術や代替燃料など環境技術−−の3分野。

いすゞはディーゼルの開発・生産で主体的な役割を担い、トヨタは基礎技術や環境技術分野を担う。

トヨタによるいすゞへの出資は1億株。いすゞの優先株が全て普通株に転換された場合、出資比率は5.9%となる。米GM(ゼネラルモーターズ)との資本提携解消を受けた日本メーカーとトヨタとの提携は、富士重工業に次いでとなる。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集