アクロバット飛行競技会、もてぎで開催…オートボルテージュ

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

アクロバット飛行競技会、もてぎで開催…オートボルテージュ
  • アクロバット飛行競技会、もてぎで開催…オートボルテージュ
  • アクロバット飛行競技会、もてぎで開催…オートボルテージュ
ツインリンクもてぎの空に、3年ぶりに世界トップクラスの“アクロ野郎”たちが帰ってきた。「2006“オートボルテージュ”アエロバティックス日本グランプリ」が11月3−5日の3日間にわたって開催され、会場は大勢の航空ファンや家族連れでにぎわった。

オートボルテージュ(haute voltige)とは、フランス語で“高い飛行技術”の意。動詞形のvoltigerはもともと鳥が自由自在に舞うことを指すが、失速反転、高速ロール、空中静止などの技術を駆使したアクロバットは、まさに鳥のよう。

競技のシステムは、規定のマニューバ(機動)を組み合わせた演技を自ら選曲した音楽に合わせて時間内に行い、それを技術点、芸術点、ポジショニング(空域をどれだけ大きく使っているか)の3要素で採点するというもの。単に技を披露するだけではダメで、いかに“魅せる”かが勝負を左右する。“空のフィギュアスケート”と異名を取るゆえんだ。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集