日産の小枝至共同会長に藍綬褒章

自動車 社会 社会

日産自動車の小枝至共同会長は、2006年秋の褒章で、「藍綬褒章」を受章した。

日産自動車の小枝共同会長は、「私はゴーン社長以下日産自動車の全役員・従業員とともに、日産自動車の再生とさらなる業績向上のために努力してまいりました。また社業に加え、日本自動車工業会の会長としての職務を通じ、自動車業界全体として地球環境の保全や自動車の安全技術の向上に微力ながら取り組んできたことが、今回褒章を戴いた理由と考えます」とコメントを発表した。

さらに、受章について「このような栄誉を得られましたのも、日産自動車の業績を支えていただいた部品サプライヤーの皆様、販売会社の皆様、また自動車産業の発展にともに努力をしている内外の自動車メーカーの皆様、そして自動車を愛していただいているすべてのお客様方のお陰であり、心より感謝申し上げたいと思っております」としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集