ブリヂストン、ランフラットタイヤの累計生産台数が500万本を突破

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストン、ランフラットタイヤの累計生産台数が500万本を突破
  • ブリヂストン、ランフラットタイヤの累計生産台数が500万本を突破
ブリヂストンは、パンクしても一定距離を走行できる「ランフラットタイヤ」のメーカー累計出荷本数が500万本を突破したと発表した。

同社のランフラットタイヤへの取り組みは、1980年代前半に身障者用車両向けに空気圧が失われた状態でも安全な場所まで走行可能なタイヤとして製造したのが始まり。量産車両への納入は1987年のポルシェ「959」への標準装着タイヤとして初めて納入した。

1999年以降、自動車社会を取り巻く環境の変化により、ランフラットタイヤ装着車両が相次いで発売された。これに伴って、同社のランフラットタイヤの出荷本数もカーメーカー向けを中心に増加し、2006年8月の出荷分でメーカー累計出荷本数が500万本を突破した。

ランフラットタイヤは2004年2月に100万本を突破してからわずか2年半で5倍に成長した。

ランフラットシステムには、一般的に2つの方式がある。1つは補強ゴムによってタイヤのサイドウォール部分を強化することで、空気圧が失われた状態でも車両を支えるサイド補強型ランフラットタイヤ。もう1つが、空気圧が失われた状態でもタイヤとホイールの間に組み込まれた中子と呼ばれるリングが車両を支える、中子式タイプのランフラットシステム。

今回、同社のメーカー累計出荷本数が500万本を突破したのはサイド補強型ランフラットタイヤで、ランフラット性能を確保しながら、ハンドリング性能と乗り心地性能の両立を目指した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集