BMWジャパン、本社を千葉幕張から東京八重洲に移転

自動車 ビジネス 企業動向

BMWジャパン、本社を千葉幕張から東京八重洲に移転
  • BMWジャパン、本社を千葉幕張から東京八重洲に移転
BMWジャパンは、千葉県千葉市幕張にある同社の本社を2007年末に「グラントウキョウサウスタワー」に移転すると発表した。
 
現在、千葉県の幕張地区に本社を置く同社は、JR東日本などが現在、JR東京駅八重洲口に開発中の地上42階建てインテリジェント・オフィスビルである「グラントウキョウサウスタワー」に入居することを決定、ジェイアール東日本ビルディングと賃貸契約を締結した。JR東京駅八重洲口では、2013年度に完了する大規模再開発が進んでおり、2007年に一足早くオープンする「グラントウキョウサウスタワー」が完成する予定。
 
同社のヘスス・コルドバ社長は「本社を東京に移転するという戦略的な決断は、BMWグループが推進するプレミアム・ブランド戦略を日本で、さらに強固なものにするため」としている。
 
今回の本社移転では、トレーニングと新車整備センター、パーツセンター、そしてエンジニアリング部門を除く全ての部門が新しいオフィスに入居する。残りの部門はこれまで通り、千葉に拠点を置く。
 
コルドバ社長は「今回の決定によって、市場とディーラー、そして顧客により一層近いところにいることができる」としている。
 
BMWジャパンはグラントウキョウサウスタワーへの本社移転に伴って、同ビルの1階にはBMW Groupのコーポレート・ショールームも同時オープンする予定だ。ショールームでは、約200平方メートルのスペースにBMW、MINI、モーターサイクルの最新モデルとブランド・プレゼンテーションを常時展示する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集