BMW 3シリーズ コンバーチブル 概要発表…暖かくなったら

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 3シリーズ コンバーチブル 概要発表…暖かくなったら
  • BMW 3シリーズ コンバーチブル 概要発表…暖かくなったら
  • BMW 3シリーズ コンバーチブル 概要発表…暖かくなったら
  • BMW 3シリーズ コンバーチブル 概要発表…暖かくなったら
独BMWは新世代『3シリーズ』の追加車種として、折りたたみ式ハードトップを装備した「コンバーチブル」を開発し、その概要を発表した。2007年1月のデトロイトモーターショーで実車を国際披露し、続いて発売される予定。

新型3シリーズ・コンバーチブルは、BMWとして初めて折りたたみ式ハードトップを備える。3分割・電子制御で開閉は片道約22秒。従来型と比べて視界が38%向上しているという。

荷室容量はトップを上げて(ルーフを閉じて)350リットル、トップを下げて(ルーフを開けて)210リットル。後席バックレストをたたんで、フラットなカーゴフロアを拡大できるのが新機軸。これはハードトップを下げた状態でも機能する。

また座席のレザートリムには太陽光反射技術が世界で初めて採用された。これはレザーに含まれた特殊な粒子が赤外線を反射し、未処理のレザーと比べ、日向に車を放置した際に座席表面温度が20度ていど低くなるというもの。

モデル導入時は「325i」と「335i」の2仕様を設定。335iのエンジンは新開発ツインターボ3.0リットル高圧ガソリン直噴。最高出力は306HP、最大トルクは400Nm。335iの0-100km/h加速は6秒を切り5.8秒、最高速度は電子制御リミッターが作動する250km/hとなっている。

トランスミッションはいずれも6MTが標準。オプションでステアリングホイールのパドルシフト付き6ATが設定されている。

さらに将来、「320i」「330i」「330d」が設定されるとアナウンスされている。330dの231HPディーゼルエンジンのトルクカーブは“14世紀の世界地図より平ら”だという。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集