日産、EVS22にエクストレイル燃料電池車などを出展

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
日産、EVS22にエクストレイル燃料電池車などを出展
  • 日産、EVS22にエクストレイル燃料電池車などを出展
  • 日産、EVS22にエクストレイル燃料電池車などを出展
  • 日産、EVS22にエクストレイル燃料電池車などを出展
  • 日産、EVS22にエクストレイル燃料電池車などを出展
日産自動車は、パシフィコ横浜で開催される「EVS22」(国際電気自動車シンポジウム)に、燃料電池車『エクストレイルFCV』2005年モデルと歴代の電動車両、同社が保有する幅広い電動技術を出展する。

EVS22は、電動車両に関連する分野における世界最大の国際シンポジウムで、10月23日から28日まで開催される。

日産は、1996年にリチウムイオンバッテリーを世界で初めて車両に搭載して実用化するなど、電動車両を実現するための基幹技術であるモーター、バッテリー、インバーターの開発に注力してきた。2005年の東京モーターショーには『ピボ』で様々な先進技術によって将来の電動車両の可能性を示すなど、車両の電動化に積極的に取り組んでいる。

加えて、モーターで後輪を駆動する日産独自の電気式4WDであるe・4WDを開発するなど、電動化技術を幅広い分野で実用化している。

今回のEVS22には、燃料電池車エクストレイルFCV2005年モデルや1947年に発売された日産初の電気自動車、『たま』電気自動車、2人乗りの超小型都市コミューターの『ハイパーミニ』、オーテックジャパンが開発した運転者の特性に合わせて運転を支援する『マイクロUV』などを出展する。技術展示では、スーパーモーターやコンパクトリチウムイオンバッテリー、e・4WDのカットモデルも展示する。

試乗会としてエクストレイルFCVと『ウイングロードe・4WD』の公道試乗会を行う。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース