日産ディーゼル、日産グループから完全離脱

自動車 ビジネス 企業動向
日産自動車は、同社が保有する日産ディーゼル工業株式会社の普通株式1821万1000株全てをボルボ(商用車)に売却すると発表した。

日産は、同社が保有していた日産ディーゼルの普通株式19%のうち、13%を今年3月ボルボに売却している。今回の売却は、残りの保有普通株式を追加取得できるオプションをボルボが行使するもの。

また、日産は保有する日産ディーゼルの優先株式全てもボルボに売却する。第I種、第II種、第IV種の合計1999万8000株についてもボルボへ売却する。

日産のカルロス・ゴーン社長は「日産ディーゼル株のボルボへの売却は、日産のコアビジネスである乗用車と小型商用車事業で、利益ある成長を目指す戦略に合致したもので、ボルボは日産ディーゼルにとって最良なパートナーであると信じている。ボルボの経営陣は、日産ディーゼルが過去4年間に業績を急回復し、非常に高い価値を持つ企業となったことを認識している」としている。

今回の株式売却は、日産と日産ディーゼルの既存ビジネスに影響を及ぼさないとしており、両社はこれまで通り委託生産や小型商用車、エンジンの共同開発の分野で協業していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース