三菱自動車、社会・環境報告書2006を発行

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車は、2005年度の社会的活動および環境保全活動をまとめた「三菱自動車社会・環境報告書2006」を発行した。

同社では1999年以来「環境報告書」を毎年発行してきたが、2005年版から「社会・環境報告書」に改め、社会的活動に関する記載の充実を図った。

2006年版では、社会側面の内容として、信頼される企業になるための3つの「第一」として「コンプライアンス第一」「安全第一」「お客様第一」の取り組み状況や、様々なステークホルダーに対する活動状況を報告している。

具体的には、全ての役員・社員による企業倫理遵守の実践、品質向上活動、顧客満足度の向上に向けた取り組みや、社会貢献などに関する記載を充実させた。

一方、環境側面では、7月に公表した新たな環境取り組み計画「環境行動計画2010」について、「環境マネジメント」「地球温暖化防止」「環境汚染防止」「リサイクル・省資源」の4分野における活動項目や中期目標などを詳しく記載した。従来の「環境サステナビリティプラン」に基づく2005年度の活動結果については、PDCA(Plan/Do/Check/Action)形式で記載して、読みやすさ、分かりやすさの向上を図った。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集