JFEスチール、自動車用高張力薄鋼板の新プレス加工技術を開発

自動車 ニューモデル 新型車
JFEスチールはこのほど、自動車用高張力薄鋼板の難成形部品への適用を拡大するための新プレス加工技術を開発し、実用化に向けた部品試作研究開発を開始した。

これは「JIM-Form(JFE Intelligent Multi-stage Forming with Press Motion Control)」と呼ばれるもので、成型過程での被加工材と金型間の摺動挙動を適正化し、過大なプレス荷重がかからないように成型時のストローク位置を制御しながら加工できることに特徴がある。

これによって、これまで780Mpa級の材料でしかプレス加工できなかった難成形部品にも980Mpa級の材料が使用できるようになり、自動車のさらなる軽量化と衝突安全性の向上が期待できるという。

JFEスチールでは、自動車関連会社と技術的に協力し合うEVI(Early Vendor Involvement)活動を積極的に進めており、今回の新技術はその活動の賜とのことだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集