ヤマハ、新型ディーゼルエンジン搭載の高性能フィッシングボート

自動車 ニューモデル 新型車

ヤマハ発動機は、新開発のディーゼルエンジンを搭載した高性能フィッシングボート『F.A.S.T.26 S/D』を10月10日から発売すると発表した。

F.A.S.T.26 S/Dは、フラットキール(平底)とW.T.B.(ウェーブスラスターブレード)を組み合わせた艇体に、低振動、低騒音を特徴とする4気筒の新開発ディーゼルエンジン「D270KUH」を搭載することで、乗り心地の良い優れた走行性能を発揮すると、している。

さらに、リアドア付きのクローズドキャビンの採用により、冬や雨天でも快適な釣行を実現する。

微速装置付が725万4450円、微速装置無が683万4450円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集