ETCを強行突破し、逮捕

自動車 テクノロジー ITS

東日本高速道路東北支社管轄の日本海東北自動車道岩城料金所でETC車線を強行突破した容疑者が25日、秋田県警に逮捕された。容疑者がETC料金所を強行突破した際、料金所係員が秋田県警に110番通報した。

2005年10月1日に道路整備特別措置法が改正されたことで高速道路会社が定めた通行方法に違反して料金所を通行したクルマその他の車両の運転者に対して刑事罰が科せられることになった。不正通行に対して、不法に免れた通行料金に加え、割増金(通行料金の2倍)を請求する、と東日本高速道路は述べている。

東日本高速道路としては、今後も警察の捜査に積極的に協力し、不正通行対策に取り組んでいくという。ETCの不正通行は違法であり、逮捕される可能性をドライバーは認識する必要がある。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集