5人死傷の遠因に「ノリの良い音楽」

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

今年5月、福岡県太宰府市内の国道3号で、猛スピードで走行していたRVが高速道路の橋脚に激突した事故で、5人を死傷させたとして危険運転致死傷罪に問われていた19歳の少年に対する初公判が23日、福岡地裁で開かれた。

問題の事故は5月5日未明に発生した。太宰府市国分1丁目付近の国道3号で、18歳(当時)の少年が運転する乗用車が制御を失ったまま滑走。中央分離帯にある九州自動車道の高架橋脚に激突した。クルマは大破し、後部座席に同乗していた18歳の男性4人が全身強打で死亡。運転していた少年と、助手席に同乗していた18歳の女性はシートベルトを着用していたこともあり、打撲程度の軽傷を負った。

その後の調べで、運転していた少年は同乗者の制止を振り切り、100-120km/hの高速度で走行を行っていたことが判明。検察では危険運転致死傷罪で起訴していた。

23日に福岡地裁で行われた初公判で、被告の少年は起訴事実を全面的に認めた。検察側は冒頭陳述で「被告と被害者はテンポの良い音楽を聴きながら加速を続けた」、「被告は速度が上がるにつれて視野が狭くなっていくことを自覚しながら危険な運転を続けた」と指摘。危険な運転は故意であったことを強調している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集