スズキ、すべて過去最高…7月実績

自動車 ビジネス 企業動向

スズキの7月の実績はすべての指標が前年同月を上回り、国内生産、海外生産、国内販売、輸出がすべて7月として過去最高だった。

国内生産は前年同月にくらべ17.2%増の10万2000台、海外生産は同2.7%増の9万台といずれも過去最高。世界生産は同9.9%増の19万1600台となり、1月からの累計は同10%増の135万8000台となった。

国内販売は、軽自動車、登録車ともに過去最高だった。軽は『MRワゴン』、『エブリイ』、『ジムニー』などが増加し、同1.6%増と2カ月ぶりのプラスになった。登録車は新型車『SX4』の投入や『スイフト』の販売好調で、同20.6%増の8000台となり、3カ月ぶりに増加した。

輸出は主に『エスクード』、スイフトの欧州向けが増加し、同26.7%増の3万5000台となった。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集