マツダ RX-8 改良…質感を向上したインテリア

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ RX-8 改良…質感を向上したインテリア
  • マツダ RX-8 改良…質感を向上したインテリア
  • マツダ RX-8 改良…質感を向上したインテリア
  • マツダ RX-8 改良…質感を向上したインテリア
  • マツダ RX-8 改良…質感を向上したインテリア
  • マツダ RX-8 改良…質感を向上したインテリア
4ドア4シータースポーツカーの『RX-8』は小変更を行ない、パワートレーンだけではなく、インテリアの質感も向上させている。

シフトレバーはアルミと本革を組み合わせた質感の高いタイプに変更され、同時に握りやすい形状とすることで、操作性を向上。さらにステアリングホイールとパーキングブレーキも全車本革巻きとなった。

さらにタイプEとタイプSには、サンドベージュパッケージも設定されている。このパッケージは、高級感のある明るいサンドベージュの本革シートやアドバンスキー、アルミペダルなどが装備される。

国産車では設定の少ない明るいベージュの本革内装とブラックのインテリアの組み合わせは、なかなかに上質な演出だ。

RX-8はスパルタンなイメージの強いロータリースポーツだが、サンドベージュの内装色だと、意外なほどラグジュアリーな雰囲気に包まれるので、熟年層の方が乗るなら、このインテリアはおすすめできる一台だ。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集