日産ゴーン社長は堀江・村上にも重なるのか

モータースポーツ/エンタメ 出版物

日産ゴーン社長は堀江・村上にも重なるのか
  • 日産ゴーン社長は堀江・村上にも重なるのか
『WEDGE』(ウェッジ) 8月号
発行:ウェッジ 価格:400円

日産の「救世主」ともてはやされてきたカルロス・ゴーン社長に「墜ちた偶像」の気配が漂ってきた。内外での販売が低迷するや、V字回復の担い手だったコミットメント経営が、日本的なモノづくり経営とは相容れない実像が明るみに出てきた。ゴーン流経営の実体に迫った。

注目の見出し---稼ぎ頭の米国で異変 日本車勢はGMの轍を踏むのか/「墜ちた偶像」カルロス・ゴーン 行き詰まる錬金術経営/村上では終わらない“進化する”ファンド続々登場/数字で見る中国のゴ都合主義/休肝日を設けるといいってホント?
《》

編集部おすすめのニュース

特集